教育費・生活費・住宅ローン・自動車ローン・借り換え・おまとめ・事業資金・レディースローン・銀行ローン・学生ローンなどなど、目的別にお金を借りて問題を解決しましょう!

キャッシング・パワー

お金の力で問題解決

お金を借りる時に、知っておきたいローン情報

更新日:

お金を借りたい時に、どこから借りたらいいのか分からない事もあると思います。
テレビやCMなどでおなじみの大手消費者金融や銀行のカードローン、中小規模の消費者金融までさまざまありますが、それぞれの特徴をご紹介します。

どこから借りるのが良いの?

銀行カードローンの特徴とメリット

一番の特徴は金利の低さにあります。また、貸金業法の総量規制の対象外になるので、審査に通ればたくさん借りることができます。
しかし現在は銀行による貸しすぎが問題視されているため、今後は自粛されるようになる見込みです。
知名度があり安心感がありますが、銀行はもともとカードローンのノウハウを持っている訳ではないので、債権回収は回収業者や既存の消費者金融に頼っていることがほとんどです。

大手消費者金融の特徴やメリット

・知名度がある
大手なのでなにより安心して借りることができる
・満20歳以上で安定した収入があればパートやアルバイト、自営業でも利用可能
・利用しやすい
自動契約機のほか、振込キャッシングや銀行やコンビニの提携ATMでの現金キャッシングや返済ができる。
インターネット上で契約ができるなど、店舗まで出かけなくて済む方法もある。
・無利息キャッシングがある
期間限定で、全ての消費者金融ではないものの、短期的にお金に困った場合の強い味方。

カードローンのノウハウがあるので、『家族や職場に知られずに借りたい』『すぐに利用したい』などの需要に応えてくれるサービスが充実しています。

中小規模の消費者金融の特徴とメリット

最初にこのような中小規模の消費者金融から借りる人はあまりいません。
多くの場合、銀行や大手消費者金融で借りた後にこういった所で借りるようになります。
また職業によっては銀行や大手消費者金融からは貸してもらえないこともあるので、水商売などの方はこうした消費者金融を利用することが多いです。
こういった事を書くと闇金のような印象があるかもしれませんが、貸金業協会に登録して法律を守って運営されています。
ただ闇金側が、こうした小規模消費者金融や大手消費者金融などの名前を騙ってだましてくることもあるので、借りるときによく確認する必要はあります。

最初に借りるなら銀行か大手消費者金融がおすすめ

最初に借りるなら、借りたい金額によって銀行か大手消費者金融かを使い分けるのがおすすめです。

大きな金額を借りたい場合、総量規制がネックになってきますので、総量規制の対象にならない銀行で申し込むのがおすすめ。金利も低いので総返済額も大きくなりにくいです。
銀行から借りたいときはここから

少額を借りたい場合は大手消費者金融の無利息期間があるところがおすすめ。30日間無利息などのサービスを利用すれば、利子を払わずに上手に利用することもできます。
無利息サービスがあるところはここから

お金を借りる時には返済計画をきちんとたて、無理のない返済をするようにしましょう。

-お金の力で問題解決

Copyright© キャッシング・パワー , 2018 AllRights Reserved.